ウィーンの日々(一日目 5月8日)

関空からフランクフルトまでのフライトはなかなか快適でした。
まず、満席でなかったこと。隣のシートが空いているのは本当にありがたいです。
また、各座席についているディスプレイで好みの映画やニュースなどが楽しめるのもよかったです。
見たかった(けど、自分で借りたり買ったりはしない)映画を2本見ました♪

f0106471_533455.jpg

最初の機内食。向かって左下に見える白いものは「うどん」・・・(しかも「そばつゆ付き」となっているのが微笑ましい)うどんというよりひやむぎ。束になっているのをそばつゆで懸命にほぐしていただきます。
その上に巻き寿司。
さらにメインは「カツ丼」または「チキンのパスタ添え」(写真)
さらにさらにもれなくパンが・・・おーい、どんだけ炭水化物食べさせるねん!


フランクフルト空港はなかなか手強いところで、前回、ベルリンへ行ったときも直前にゲートが変更になりあわや乗り遅れるところでしたが、今回はさらに、フランクフルト到着直後に「予定のフライトがボードにない(涙)」状態。
と、とりあえずパスコントロール。そこで、2年前に演奏をご一緒させていただいたヴァイオリン奏者のHNさんと偶然の再会があり、ちょっと元気を取り戻し、もう一度ボードを見ると予定便が30分遅れの時間で「ゲートA」(範囲広すぎ!)と出ていました。
パスコンを終えてゲートA方面へ向かっていると、今度はなぜか荷物チェックが・・・前回はなかったと思うのでチェックがより厳しくなったということでしょうか・・・それとも国際乗り換えだから?腕時計をつけっぱなしだった(アホ)私は初めてひっかかってしまいましたが、検査官の女性が明るい方だったので救われました。
そんなこんなしながら、最終的に職員さんに調べてもらった「A19」で半信半疑で待っていると、ウィーンへ行かれるという日本人の方々も次々とみえてようやく安心。


f0106471_533483.jpg

ウィーンへのフライトは地上からの搭乗。ワクワク半分、待ち疲れ半分。

f0106471_533410.jpg

飛行機自体は古いのかもしれませんが、革張りのゆったりシートがゴージャスです。

f0106471_533466.jpg

久しぶりのウィーン・シュヴェヒャート空港♪
コンパクトで分かりやすい空港ってステキです〜
荷物を受け取り、CATでWien-Mitte(ウィーン-ミッテ)駅まで15分くらい。そこから徒歩10分ほどで今回のお宿Adagio City Aparthotel Wien Zentrumに到着です。

この時期は遅くまで明るいのが最高!!さっそく街へ出かけます。
まずは日本で調べていたGenuss Festival im Wiener Stadtpark(オーストリア各州の特産品を楽しむことのできるお祭り)へ!グラスの貸し出しブースもあるので、ワインやビールを飲みながらハム、チーズ、パン、郷土料理などを思い思いに楽しむ人々で賑わっています。その雰囲気がウィーン。「享楽的」という言葉がポジティヴに似合う街です。
チーズを売る畜産農家の方のブースへ近づいていくと(翌日の写真参照)、おじさんが「こっちが熟成4ヶ月、こっちは6ヶ月だよ。食べてみる?」と、試食させて下さいました。
アルプスでのびのびと育った牛のお乳から作られたチーズはびっくりするほどおいしくて、さっそく明日からの朝食用に購入です。
そんな調子で、スモーク生ハムの塊、パン、ハーブやハーブティーを買って(農家直売なのでクオリティを考えれば安い)、お店の人との会話も楽しめて大満足のスタート。

それから会場のStadtpark(市立公園:黄金のヨハン・シュトラウス像が有名でしょうか)を抜けて街中へ入ります。

f0106471_533423.jpg

記念すべき(?)ウィーン第一食目はFiglemüllerにて。
やっぱまずはSchnitzel(薄く叩きのばした肉で作ったカツ)。このFiglmüllerの宣伝文句は「うちのカツが一番デカい!」(笑)ええ、確かにデカかったです。薄いしカラリと揚げてあるので胃にも重くなく(ただし一人一枚は無理なので半分こです)。
あと、今が旬のアスパラガスのクリームスープにサラダを注文。いずれもおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。
[PR]



by nussdorf | 2010-05-18 09:53 | Reise
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

演奏会&リンク集

☆心にかかること
東北関東大地震関連のボランティア情報(全国)

♪演奏会のお知らせ
2015年7月26日(日) 午後4時開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
愛知祝祭管弦楽団/指揮:三澤 洋史
合唱:グリーン・エコー
マーラー:花の章
マーラー:交響詩「葬礼」
マーラー:カンタータ「嘆きの歌」

2015年12月13日(日) 午後2時開演
京都府立けいはんなホール メインホール
けいはんなフィル/客演指揮:粟辻 聡
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
スメタナ:連作交響詩「我が祖国」より「モルダウ」
フランツ・シュミット:交響曲第1番


♪リンク集
<おんがく>
けいはんなフィルハーモニー管弦楽団
セタフィルハーモニックオーケストラ
京都新祝祭管弦楽団
北軽井沢ミュージックセミナー
交野音楽家クラブ 「音夢の会」
京都市交響楽団
大阪交響楽団
日本センチュリー交響楽団
大阪フィルハーモニー交響楽団
関西フィルハーモニー管弦楽団
NDR 北ドイツ放送響
SWP Konstanz 南西ドイツフィル(コンスタンツ)
DSO ベルリン・ドイツ響のブログ
はぐれフルートアンサンブル

<よみもの>
JMM by 村上龍
ドイツニュースダイジェスト

ブログパーツ

画像一覧