Immer wieder deutsch

めずらしく大阪へ3日連続お出かけでした。
23日は、D楽器さんでのドイツ管・レクチャー。自分もイイ年だけど、参加者の年齢層がけっこう高い、そして男性が多い会でした。複雑なメカニックは男心をくすぐるのでしょうか・・・?
大学生のお嬢さんたちは皆さん、講師の方のお弟子さんたちだったし、私、ちょっと浮いてたかも(苦笑)ま、いいか。

高校生くらいからか、ずっと興味を持ち続けていたテーマ「吹いているときの口の中の様子を知る」について、ひじょうに画期的な方法を教えていただき、もうそれだけで大満足でした。
自分でもイロイロ考えて試してみましたけどね・・・消しゴムとビー玉は思いつかなかったです。
T澤さん、どうもありがとうございました。K野さん、お疲れさまでした。

f0106471_2225375.jpg

試奏用に並べられたヴーリッツァ達。輝いてるね〜

24日は(またも)D楽器さんで、村井祐児さんのコンサート。
御年70歳とのこと(でも、そうは見えなかったな)ですが、守りに入ってないところがステキでした。デトモルトで学んだ方だと知っているからかもしれないけれど、クラウス先生やミヒャエルスさんの演奏と同じ色を感じた瞬間が幸せだったなぁ♪
私のところへ来てくれたヴーリッツァは、その昔、村井さんが吹いておられた楽器をK野さんが譲り受けて、それを私が譲り受けました。まさかご挨拶できるとは思っていなかったので楽器は持って行かなかったのですが。K野さん、わざわざご紹介下さってありがとうございました。
この日は、Kさん、UちゃんやAさんと再会できたのも嬉しかった〜☆

f0106471_2225346.jpg

楽器もマウスピースもリードもぜ〜んぶドイツ仕様♪総額を考えると気が遠くなります・・・


そして、今日。午後一番で仕事して、マスタークラスでの曲の合わせ練習まで時間があったので、またまたD楽器さんへ(3日連続だし 爆)ヴーリッツァが新しく出したマウスピース3種類を試させていただきました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。
そして、合わせ・・・の前に、初顔合わせということで3人でごはん食べて(mouton valcitaさんにて。おいしかったー)、いざシューベルトの世界へ!これは楽しいレッスンになるのではないか・・・そんな予感のする練習になりました。Iさん、Aさん、どうぞよろしくお願いします。

そんな、めくるめくドイツな3日間、でした。
[PR]



by nussdorf | 2010-09-25 22:25 | Kunst
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

演奏会&リンク集

☆心にかかること
東北関東大地震関連のボランティア情報(全国)

♪演奏会のお知らせ
2015年7月26日(日) 午後4時開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
愛知祝祭管弦楽団/指揮:三澤 洋史
合唱:グリーン・エコー
マーラー:花の章
マーラー:交響詩「葬礼」
マーラー:カンタータ「嘆きの歌」

2015年12月13日(日) 午後2時開演
京都府立けいはんなホール メインホール
けいはんなフィル/客演指揮:粟辻 聡
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
スメタナ:連作交響詩「我が祖国」より「モルダウ」
フランツ・シュミット:交響曲第1番


♪リンク集
<おんがく>
けいはんなフィルハーモニー管弦楽団
セタフィルハーモニックオーケストラ
京都新祝祭管弦楽団
北軽井沢ミュージックセミナー
交野音楽家クラブ 「音夢の会」
京都市交響楽団
大阪交響楽団
日本センチュリー交響楽団
大阪フィルハーモニー交響楽団
関西フィルハーモニー管弦楽団
NDR 北ドイツ放送響
SWP Konstanz 南西ドイツフィル(コンスタンツ)
DSO ベルリン・ドイツ響のブログ
はぐれフルートアンサンブル

<よみもの>
JMM by 村上龍
ドイツニュースダイジェスト

ブログパーツ

画像一覧